SK∞ エスケーエイト|アニメを無料動画&見逃し配信をフル視聴できる配信サイト!キャラ&声優まとめ

鋼の錬金術師や僕のヒーローアカデミアでもおなじみの「ボンズ」

本作SK∞ エスケーエイトは、原作・アニメーションともにボンズが手掛けています。

\『SK∞ エスケーエイト』無料視聴にするならココ/

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり配信予定
31日間無料

*本ページの情報は2021年1月時点のものです。

放送時期2021年冬
話数未定
制作会社ボンズ
声優暦(レキ):畠中祐/ランガ:小林千晃/MIYA:長塚拓馬/シャドウ:三宅健太/Cherry blossom:緑川光/ジョー:松本保典/愛抱夢(アダム):子安武人/菊池忠:小野賢章
スポンサーリンク

『SK∞ エスケーエイト』

「SK∞ エスケーエイト」を1話から最終話まで見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料視聴期間を使うです!

インターネットに無断アップロードされている動画サイトがありますが、サイトにアクセスするだけでウィルスが入る危険性があります。

安心安全の国内大手の動画配信サービスを使いましょう♪

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり見放題
31日間無料
配信・レンタルあり見放題
31日間無料
hulu配信・レンタルあり見放題
2週間無料
amazonプライムビデオ配信・レンタルあり見放題
30日間無料

本ページの情報は2020年1月時点のものです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことでエスケーエイトを視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

『SK∞ エスケーエイト』あらすじ(ネタバレあり)

第1話「熱い夜に雪が降る」

閉鎖された鉱山で行われるスケートボードレース、“S”。
暦はシャドウと対戦するが、敗北し負傷してしまう。
ある日学校にカナダからの帰国子女、ランガが転校してくる。
ランガ素人ながらスケートボードに興味を持ち、暦と意気投合。
バイトを探しているランガに、暦は自分のバイト先を紹介する。
暦とランガは“S”にボードを届けに行くが、暦のミスで依頼主はレースに出場できなくなってしまった。
責任を取るため代理出場しようとするも、暦は怪我をしているため断念。
代わりに未経験者のランガがレースに出場することになる。

感想と考察
とりあえずパッと見てみましたが、想像以上におもしろくなってきそうな予感です。レース中の作画、音楽もよくいい感じです。キャラクターたちの個性もあり盛り上がっていきそうです。

第2話「はじめてのサイコー!」

シャドウとの対戦はランガの勝利だった。スーパールーキーの登場と話題になる。
実はランガは2歳からスノーボードの経験者であった。
しかしスケートボードは全くの初心者であるため、暦と一緒に特訓することに。
ランガはスノーボードとの違いに苦戦しつつも暦のサポートもあり、次第にスケートボードの楽しさに目覚めていく。
日々練習を重ね、ついにランガは大技を会得するまでに至った。

感想と考察
シャドウの普段の様子がまさかのお花屋さんで驚きです!(笑)
アイキャッチのシャドウの様子…あれはどう見ても某美少女戦士の変身シーンで笑ってしまいました!
新キャラが続々と登場しますが、シリアスとギャグのテンポも良く観ていて楽しいですね。

第3話「望まない勇者」

全日本代表候補のミヤから、“S”の勝負を挑まれたランガ。
暦は実力差がありすぎると止めるが、ランガはあっさり受けてしまう。
勝負に向けて練習するも、やはりスノーボードとスケートボードの違いに苦戦する。
横滑りすると急にブレーキがかかるスケートボードでは、スノーボードのようにカーブを曲がることができない。
そんなある日、暦は椅子のキャスターをヒントにランガの悩みの解決策を思いつく。
暦によって改良されたボードを手に、ランガはミヤとの対決に挑む。

感想と考察
タイトルの「望まない勇者」とはミヤを指していますよね。
最初は楽しくて始めたことが、いつの間にか周りと実力差がついてしまい一緒にやれなくなる。
結果ばかり追い求めるようになってしまい、楽しさを忘れてしまう。
実際によくあることですが、とても考えてしまいました。

第4話「愛のマタドール、愛抱夢」

ランガとミヤの勝負が終わったところに、突如現れた伝説のスケーター愛抱夢(アダム)。
愛抱夢はランガに興味を抱き負けたミヤを侮辱するが、それを聞いていた暦は怒りの感情を爆発させる。
ミヤへの言葉を撤回し謝罪させるため、暦は愛抱夢に勝負を挑む。
愛抱夢はランガとの勝負をかけ、申し出を受ける。
しかし実力差がありすぎるため、ミヤは暦に練習メニューを作り技を伝授する。
特訓を重ねた暦は、いよいよ愛抱夢との対決の日を迎える。

感想と考察
今まで対戦したキャラは仲良くやっていますが、この愛抱夢は最後まで敵対しそうですね。
実力も存在感も圧倒的です。チェリーやジョーとも因縁があるようで、今後の展開で明らかになるのでしょうか。
シャドウの日常パートは本当に楽しいですね。
特訓に協力したのも、ミヤに脅されたのが決定打でしょう。(笑)

第5話「情熱のダンシングNight!」

愛抱夢との対決に敗れた暦は、全治2週間の大怪我を負った。
暦は愛抱夢との対決をやめるようランガに言うが、ランガは全く聞き入れる気がない。
街中でチェリーを見かけ、愛抱夢のことを教えてくれるよう頼む暦。
一同はジョーの店に移動し、愛抱夢の技「ラブハック」の仕掛けを聞くが、勝機は見えなかった。
暦はかつて一緒にスケートを始めた友人が、怪我でスケートをやめたことをランガに話す。
同じことを繰り返したくない暦は、ランガに愛抱夢との対決をやめるよう再度頼むのだった。

感想と考察

ランガと愛抱夢という、作中トップクラスの実力者同士の対決回でした。
大技の連続で、どうなってしまうのか気になりつつも魅入ってしまいました。
決着はうやむやになってつきませんでしたが、この対決カードは終盤にまた見られそうで非常に楽しみです。
愛抱夢の秘書、何か秘密がありそうですよね。第6話「湯けむりミステリースケート?!」

第6話「湯けむりミステリースケート?!」

暦の怪我を湯治で癒すため、ミヤの紹介で宮古島の温泉へ向かう一同。
移動中のフェリーで暦は気になる少女を見つけるが、声をかける前にふられてしまう。
そんなとき、バカンス中のジョーと仕事に向かうチェリーに偶然にも船上で鉢合わせる。
下船後、温泉旅館に向かう途中で海を見つける。
沖縄では特に珍しいものでもないが、ついこの間まで山にいたランガにとっては斬新だったようだ。
一同はそれぞれ海を楽しむことにした。

感想と考察
息抜き話です。普段よりコミカル度アップで楽しい回でした。
海での過ごし方がとてもツボです、特にナンパ中のジョーを引き剥がすとき。(笑)
息子役ミヤ、母親役チェリーは狙ってますよね。
引率子守役のシャドーさん、オッサン呼ばわりされてますがジョーとチェリーのほうが年上なのでは…?
船で見かけた少女、後々重要キャラとして再登場しそうですよね。

第7話「つりあわねーんだよ」

怪我が治った暦は、スケートを楽しみながら充実した毎日を過ごしていた。
ランガはどんどん実力をつけていき、S会でも注目されるほどになっていた。
一方暦は、周囲からは「ランガといつも一緒にいるザコ」と認識されているのを聞いてしまう。
数ヶ月前までは暦のほうが経験者で実力も上で教えていたのに、今では逆転してしまった。
暦は劣等感に苛まれ夜の山を休んだ。
そんな時、愛抱夢が現れトーナメントの開催を発表する。

感想と考察
教えていた相手がどんどん実力をつけていき、自分を抜いてしまう。暦の苦悩わかります。
同じくらいの実力になったら一緒にやっていてとても楽しいけど、超えられてしまうと素直に喜べないんですよね。
短時間で急成長されてしまうと、自分はもっと多くの時間を費やしても足りないと。
従来の才能の差と思ってしまうと、スケートが好きなだけとても悔しいですよね。
次回からはトーナメント戦という熱い展開のようです。
暦は参加しないままなのか、とても気になります。

感想と考察
教えていた相手がどんどん実力をつけていき、自分を抜いてしまう。暦の苦悩わかります。
同じくらいの実力になったら一緒にやっていてとても楽しいけど、超えられてしまうと素直に喜べないんですよね。
短時間で急成長されてしまうと、自分はもっと多くの時間を費やしても足りないと。
従来の才能の差と思ってしまうと、スケートが好きなだけとても悔しいですよね。
次回からはトーナメント戦という熱い展開のようです。
暦は参加しないままなのか、とても気になります。
スポンサーリンク

SK∞ エスケーエイトのキャラ&声優情報

(レキ)/CV.畠中祐

本作の主人公。

スケートボードに夢中な高校生でスケートボードの店でバイトしている。

レースをしてもまだまだ勝てない実力だが、ランガとともに成長していく。

ランガ/CV.小林千晃

カナダからの転校生。

もともとはスノーボードの経験者。

レキに会ったことをきっかけにレースにも出場し驚異の運動能力を見せた。

MIYA/CV.永塚拓馬

日本代表候補のエリート中学生

シャドウ/CV.三宅健太

“S”界のアンチヒーロー。

Cherry blossom/CV.緑川光

頭脳明晰!AIスケーター

SK∞ エスケーエイト」を見た感想

 

スポンサーリンク