鬼滅の刃23巻最終巻表紙に描かれた花は木蓮?花言葉の考察まとめ

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

鬼滅の刃コミックがついに最終巻を迎えました。
23巻の表紙には笑顔の炭治郎と花を抱えた禰豆子がラストを飾っています。

これって一体なんの花か気になりませんか?

今回は鬼滅の刃23巻最終巻表紙の禰豆子が持っている花はなんなのかをまとめたものをご紹介致します。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃23巻最終巻表紙 】禰豆子が持っている花は?

作者のワニ先生からはこの花が何かという言及は現在ありません。
ファンの間では木蓮という意見がかなり多く見られました。

こうして並べてみると、色や形が似ています。

木蓮の花言葉

木蓮の花言葉は「自然への愛」「崇高」「持続性」です。

崇高や持続性という言葉からは大地に根強いといった印象がありますよね。

西洋では「perseverance(忍耐)」「dignity(威厳)」といった意味もあります。

全てを含めて考えると、厳しくも辛い世界でもしっかりと根付いて生き抜き、愛する心を忘れないといった

炭治郎と禰豆子はもちろん仲間達を現したような花言葉にも感じます。

木蓮は春を告げる花

木蓮の開花時期が3月〜6月にかけてということもあり「春を告げる花」とも呼ばれています。

鬼滅の刃1巻表紙では真っ暗な世界に炭治郎と鬼になってしまった禰豆子が描かれていますよね。

また物語のはじめは冬から始まっています。

そんな二人の辛くも厳しい冬が明け、暖かい春がやってきたということが現されているようにも思えます。

木蓮の特徴と歴史

木蓮は恐竜がいた白亜紀の地層から化石が発見されたという話があります。

モクレン属の花自体が「地球上最古の花木」とも呼ばれているのです。

また木蓮の早春のツボミが大きくなる過程でよく日が当たる南側に成長して膨らむことから「先端は一様に北を向く」ことで有名です。

そのため「北の方向を示す目印」として古くから旅人や登山家の間では「方向指標植物(コンパス・プラント)」と呼ばれ親しまれてきました。

花が散るのも早い

花が咲いてから散るまで3〜4日ととても短いのが木蓮の特徴です。

天国に咲く蓮の花

木蓮は花の部分が「蓮(はす)の花」に似ていることから「天国に咲く蓮の花」とも呼ばれており、中国では寺院や宮殿などに木蓮を植える風習まであります。

花が散るのも早く、天国に咲く蓮の花とも呼ばれているこの花は、死んでしまった仲間達への優しい想いも込められているような印象を受けますよね!

スポンサーリンク

鬼滅の刃23巻裏表紙のイラスト

表紙の二人が背中を向け、仲間の元へ行く姿が描かれています。

この花を渡したのは、「仲間達」なのか「ワニ先生」からなのか。

どちらにせよこの花を誰かから受け取ったようなイラストですよね!

私たち読者を含めすべての人からの思いがこもった花なのは間違いありません。

スポンサーリンク

鬼滅の刃23巻表紙の花考察まとめ

花が好きなことでも知られているワニ先生。

ラストを飾るにはぴったりの花だと思いました。

まだまだとどまることの知らない鬼滅の刃ですので、アニメ2期を期待しましょう!

 

木蓮は花が咲いてか散るまで3〜4日と短いのも特徴です

 

スポンサーリンク