呪術廻戦|アニメを無料動画&見逃し配信をフル視聴できる配信サイト
放送時期2020年秋
話数13話
制作会社MAPPA
声優虎杖悠仁:榎木淳弥/伏黒恵:内田雄馬/釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美/五条悟:中村悠一
スポンサーリンク

呪術廻戦を無料視聴する方法

呪術廻戦を1話から最終話まで見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を使うことです。

今すぐに高画質動画を見ることができちゃいます。

無料アプリやインターネットに無断アップロードされているサイトがありますが、次のような危険性があります。

違法サイトの危険性
・広告が表示される
・海外の字幕が表示される
・ウィルスに感染する危険
・画質が悪い
・読み込みが遅くて途中から見れないことも
・見たい話がないことがある

広告をクリックしたり、サイトを表示するだけでもウィルスに感染する可能性があるので注意が必要です。

高画質でストレスなく見れる安心安全の国内大手の動画配信サービスを使いましょう♪

サービス名配信状況公式サイト
配信・レンタルあり見放題
31日間無料
配信・レンタルあり見放題
31日間無料
amazonプライムビデオ配信・レンタルあり見放題
30日間無料

本ページの情報は2021年1月時点のものです。

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで呪術廻戦を視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/

スポンサーリンク

呪術廻戦のあらすじ感想(ネタバレあり)

呪術廻戦は少年ジャンプで連載されている大人気作品。

2020年10月からアニメが放送開始されて人気が高くなってきました。

2021年1月から2クール目が開始され期待が高まっています。

第1話「両面宿儺」

特級呪物である両面宿儺の指をきっかけに主人公虎杖が呪術師の世界に進むことになります。

感想と考察

呪術廻戦をアニメで初めて知りましたがアニメーションの作画がとてもキレイでした。五条悟、両面宿儺との戦いが見どころで非常に楽しみの作品です!アニメ開始早々主人公虎杖の死刑が決定していて穏やかじゃないスタートですが一気に物語に引き込まれます。

元々運動神経はすば抜けて良く人並外れた身体能力を持つ虎杖ですが、宿儺の指を飲み込み受肉したことでその戦闘能力はチート化し呪術高専からきた伏黒でさえ苦戦した呪いを一撃で倒すシーンではその圧倒的な強さがよく表現されています。

この1話だけでも虎杖の明るさ、優しさ、真っ直ぐさ、真面目さ、強さと様々な面を見ることができます。

第2話「自分のために」

任務中でボロボロの伏黒の元に担任の五条が到着する。呪いを取り込んだ虎杖が宿儺を制御している事を確認、規定に則れば死刑対象であるが殺したくないという伏黒の思いを受け気絶した虎杖を回収するも、目覚めた虎杖は五条から上層部が死刑を決定したことを知らされる。

虎杖は今すぐ死ぬか、五条が提案した20本ある宿儺の指を全て取り込んでから死ぬかの二択から後者を選び呪術高専へ。学長面談を経て、合格・入寮する。

感想と考察

存在を消されるはずだった虎杖だったけど、呪術高専で呪術を学ぶとはおもしろい展開になりました。虎杖の覚悟や学長が生徒に求める姿勢などが見れました。何といっても最初の五条vs宿儺の迫力あるバトル。虎杖が本当に宿儺を制御できるのか確認するためだったのであっという間の出来事でしたが、五条悟が只者ではないことを見せつけたシーンでした!

そして学長や呪骸からの攻撃にも怯まずまっすぐな目で、生き様で後悔したくない!と伝える場面では宿儺を食べるという自分にしかできないことから逃げない覚悟を感じました。

これぞ全力で応援したくなる主人公!!

第3話「鉄骨娘」

虎杖よりも先に呪術高専への入学が決まっていたもう1人の1年生、かなりの田舎出身で強気な言動が目立つ少女釘崎が合流する。

全員が揃ったところで東京観光に行こうという五条の言葉に大喜びな地方出身の2人。しかし行き先は廃ビルで、その目的はそこに発生した呪いを虎杖と釘崎で祓うことだった。

早く終わらせたい、と二手に分かれることを提案し勝手にいってしまう釘崎。すぐに呪いを見つけ攻撃していた時奥に隠れている子どもを見つけ保護しようとするがその子を人質に取られてしまう。葛藤するものの最後には武器を捨て丸腰になり死を覚悟したその時、後ろの壁をぶち抜き虎杖が助けに入り子供を救出、釘崎は逃げる呪いに追撃を加え祓うことに成功する。

感想と考察

田舎から出てきた釘崎ですがイカツイ性格で男前でした笑今回の戦闘シーンの作画もよく描かれていて盛り上がりましたね!自信過剰で少し意地悪な高飛車キャラかな?というのが釘崎野薔薇の第一印象でしたが、全然違う!地元での沙織ちゃんとの回想や子どもを助ける事を選択するのを見ると根は優しく強い芯があることが伺えます。あんな第一印象を持った自分が恥ずかしい!!

また本編終了後のじゅじゅさんぽで、食事を決める虎杖と釘崎のやりとりは生死をかけたバトルが多いこの作品ではほっとする一コマで普通の高校生らしい一面が見れたのが幸せでした。笑

第4話「呪胎戴天」

今回の舞台は、特級相当に変化する可能性のある呪胎とともに5人の受刑者が取り残された少年院。その呪胎の危険性から本来であれば五条レベルの呪術師が対応すべき案件だったがあいにく不在、急遽1年生3人が派遣された。

緊急事態かつ非常事態でかなりの危険を含む任務のため案内人の伊地知からは、もしも特級と出くわしても絶対に戦わない。任務は生存者の確認と救出。と念を押される。

建物内で受刑者の遺体を発見しその対応の仕方で虎杖と伏黒が揉めていると一瞬にして釘崎が姿を消した。現れた呪霊が特級であること、自分たちでは太刀打ち出来ないことを悟り、虎杖は宿儺に体を明け渡す覚悟を決め伏黒と釘崎が脱出するための時間を稼ぐ。

身体の主導権を握った宿儺は虎杖の思うように動くのは癪に触るため一度はその場の呪霊と手を組もうと考えますが結局手を組むことはなく特級呪霊は木っ端微塵、その後宿儺はいつものように虎杖と変わろうと声をかけるが何故か戻らない。

感想と考察

今回は神回!虎杖、伏黒と特級との戦闘シーンもおもしろかったですが、宿儺が出てきてからの戦闘は最高!同じ特級でありながらも圧倒的な力を見せつけて領域展開もかっこよすぎます!特級が現れ一瞬で虎杖の手が切られたシーンはもはやホラーでした!笑

死を悟り死にたくないと泣き喚く虎杖、入れ替わった宿儺の圧倒的強さ、領域展開、見どころ満載で終始目が離せません。

最後の宿儺の不気味な笑みが本当に怖い!!

第5話「呪胎戴天-弐-」

外で待つ伏黒の元に現れた宿儺は、虎杖がうまく身体に戻れなくなっていることを利用しその身体から虎杖の心臓を人質に取る。

心臓がない状態で戻ることは虎杖の死を意味し、そんな度胸は持っていないと嘲笑する宿儺に対し虎杖が戻ってくることを確信し戦闘に出る伏黒だが格上相手に全く歯が立たない。

満身創痍になりながらも術式を使おうとした時虎杖が戻り、伏黒と最後の会話を交わし亡くなる。

虎杖死亡の報告を受けた五条は今回の任務は上層部に仕組まれたと予想し激怒、残された伏黒と釘崎は、2年生3人に誘われ京都姉妹校交流会への出場を決意する。

一方、中盤で登場した怪しい集団は人間と呪いの戦争を企てていた。呪術師に勝つための必須条件として五条を戦闘不能にする、虎杖を仲間に引き入れることを提示される。

感想と考察

宿儺に体を乗っ取られた虎杖。。伏黒は圧倒的な力の前に倒されそうになったが、伏黒の奥に眠る力に気づいた宿儺。まだ原作でも明かされていない能力が気になります!初回から生死をかけたバトルが続いていましたが、まさかこんな序盤で主人公が死ぬとは思いませんでした。

戻ってきた虎杖に今まで見たことないほど優しく穏やかな表情で語りかけきちんと死を見届けた伏黒と、死を覚悟して最後に長生きしろと伝える虎杖。泣いてしまいます!!

第6話「雨後」

宿儺の生得領域で虎杖を生き返らせる条件を提示するが宿儺を全く信用していない虎杖はすぐさま断り、さらに騙し技を使い宿儺を殴る。

そこで宿儺は殺し合いをして虎杖が勝てば条件なし、宿儺が勝てば宿儺の縛りで生き返ることを提案、承諾された途端瞬殺、虎杖は生き返り笑顔で五条と再会する。虎杖に戦う力をつけるため、五条の指示で生き返ったことは交流会まで伏せておくことにする。交流会に向け2年生の特訓を受ける伏黒と釘崎、五条から指導を受ける虎杖とそれぞれが強くなるためやるべきことに向き合う。

一方で五条と虎杖を狙う呪いたちは戦略会議を続けており、その内容に興奮した漏湖の元にやってきた店員は炎に包まれ、そのままその場にいる人間ごと店内を燃やしてしまう。虎杖の映画鑑賞特訓を見届け学長の元に戻る五条は何かを察知し山中で車を降りる。そこに襲いかかるのは漏湖だった。

感想と考察
主人公ですからね、流石に生き返るのは信じていましたが実際に動いているのを見てほっとしました。どんな契約にしろ、帰ってきてくれて本当にありがとう!
最強の五条先生に指導してもらえてとても嬉しそうな虎杖がとても可愛いです。
夏油、漏湖たちが動き出しこれまでの呪いとは違い知性を持つ相手とのバトルに期待大です。

第7話「急襲」

五条の前に突然現れた漏湖は威力の高い攻撃技で勝ちを確信したが、ノーダメージの五条に混乱する。どうしてこのようなことが出来るのか、無限について探る漏湖。そこから一気に五条の反撃が始まり、ちょうど良い機会だと思い特訓中の虎杖に見学させるため連れ出し領域展開を解説、五条もやって見せる。最強の呪術師の戦いを間近で見た虎杖は、五条の人間としての格の違いを改めて実感する。

突如目の前に呪術による花畑が現れ尋問中の漏湖は回収されていく。夏油はアパートの一室に入るがそこは常夏の異世界。遅れて漏湖も合流したところで五条の強さを共有、今後の計画について再確認する。

感想と考察

五条悟が本格的に戦っているシーンが盛りだくさん。領域展開も無限も強すぎて笑うw戦闘のアニメーションも映画のような動きでハラハラしました。ひたすら五条先生がかっこいい回です。漏湖だって特級相当の強さなのに「君、弱いもん」と嘲笑し煽るシーンでは怒りで漏湖が溶けるんじゃないかと思いました。笑 噴火しましたね!!笑

無領空処から漏湖の頭を引きちぎるまでの流れは、五条先生のチートっぷりが堪能できます。

第8話「退屈」

交流会の特訓中の伏黒と釘崎の前に京都高の2人が現れる。東堂は思うような質問の答えが返ってこなかったことをきっかけに伏黒を思いっきり吹っ飛ばし駆け寄ろうとする釘崎は禪院真希の双子の妹真依に捕まる。その戦闘は東京校の2年生によって大ごとになる前に止められる。その頃五条は京都校学長の楽厳寺に宣戦布告し威圧する。

ところ変わり路地裏の人影を追いかけ話しかける少年、「僕が見えるんだ」と微笑む怪しい男。映画館で男子高校生3人が変死した事件に関わっているらしい。

感想と考察

棘の「動くな」にしびれました。今まで寿司ネタしか話していなかったので、いつセリフらしい声が聞けるかなと思ったら伏黒のピンチのときに呪術ですからね。伏黒の秘められた力も早くみたいところです!棘が初めておにぎりの具以外の言葉を発しましたね!小柄で大人しく見える棘ですが言葉だけで人を操ることができかなりの実力者のようです。

前回終盤で登場した真人が街で動き始めまた事件が起きる予感がします。真人のずっとにこやかな表情と口調というのはそれだけで恐怖を感じるものがあります。

第9話「幼魚と逆罰」

学校をサボって人気のない映画を見に行くとそこには自分を虐めている相手がいた。マナーの悪さや過去の理不尽な暴力の記憶によりイライラしていると急に静かになったので不思議に思う。上映終了後館内が明るくなるとそこには見るに耐えない姿の3人がいた。上映中3人に近づいた人影のようなものを見た少年吉野はその人影を見つけ出す。

現場に派遣された虎杖とタッグを組むのは五条の後輩、脱サラ呪術師の七海だった。任務中2体の呪霊と出くわし闘う2人だったが、呪霊だと思っていたのは脳をいじられた元人間、その趣味の悪さに怒りを感じ気合を入れ直す。

犯人の居場所に見当がついている七海は誘い込まれていることを理解した上でそこに虎杖を連れて行く危険性を危惧し自分1人で向かうことを決め、虎杖には吉野の調査を指示する。

感想と考察
変死した遺体ものすごいことになってましたね。惨いことをしているのににこやかな真人、やっぱり怖いです。それを追いかけ話を聞いてしまう順平。1秒でも早くそこから離れて欲しいけど軽い洗脳状態のようでした。
呪霊だと思って思いっきり戦っていた虎杖にとってそれが人間だったという事実は相当キツイものがあると思いましたが、怒りを鎮め切り替えるところに精神的な強さを感じます。

第10話「無為転変」

過去のいじめや暴力を思い返しながら真人と会話する吉野は、自分の全てを肯定してくれる真人に心を救われる。

呪霊を使い吉野と接触しようと試みる虎杖だが、ちょっとした手違いで計画とは少し違う出会い方をする。

一方七海は単身で真人の元に乗り込み残業覚悟で戦闘を開始するが再生を繰り返す真人に苦戦する。人間の魂を弄るだけでなく自分の魂をいじることでその体を変化させる真人を見て七海は呪力を上げ時間外労働に入る。

感想と考察

真人の実験体を見て飄々としている吉野、すごいな。精神が壊れているように見えてもちゃんと心はあるので不思議な子です。いじめを見て見ぬふりするだけでなく、仲が良かったとさえいった教師には怒りを覚えますが虎杖のおかげでスカッとしました。

ドライで機械のような人見える七海ですが、まだ人間としての意識が残っている実験体に助けを求められた時の動揺や時間を過ぎても全力で戦う姿に人間らしさを感じます。呪術師っていかれてる人が多そうなので七海のような立ち位置の人、絶対必要だと思います。

第11話「固陋蠢愚

相打ち覚悟の広域攻撃によって一撃で粉々にすることを狙う七海、それを察知し避ける真人にさらに追い討ちをかけ足を切断する。真人が瓦礫に潰されている間に七海は負った傷の治療のため一時撤退。

吉野と接触した虎杖は映画館での事件について尋ねるが収穫はなくその後映画の話題で意気投合、そこに偶然吉野の母が通りかかり夕食に招かれる。3人で食事し談笑したあと酔った母親は寝てしまう。吉野は虎杖が呪術師であることは知っていて人を殺したことはあるかと尋ねる。それに対する虎杖の答えを聞き自分にはやっぱり人を殺すことはできないと思い直す。

夜中に目覚めた母の前にはなぜか宿儺の指があり背後で笑うのはそれに引き寄せられてきた呪霊。吉野の母は下半身のない遺体となっていた。

真人から宿儺の指の説明を受け心当たりはないか聞かれた吉野は学校へと向かい自分をいじめていた主犯格の生徒に指を置いたのはお前かと尋ねる。その返答がどちらでも殺すつもりでいた吉野の元に虎杖が到着し対峙する。

感想と考察

まずあんなに素敵なお母さんがこんな結果になるなんて悲しすぎる。宿儺の指を見つめる母親の後ろで笑う呪霊、めちゃくちゃホラーでした。そしてせっかく仲良くなれた虎杖と吉野だったのに相対する関係になってしまうのが本当に切ない。

第12話「いつかの君へ

吉野の調査を担当していた虎杖は七海にも伊地知にも止められるがいうことを聞くわけがなく帳の中に入っていく。戦いながら言葉を交わし合う虎杖と吉野。あえて攻撃をかわさず吉野から全てを聞いた虎杖は高専に来いと誘うが、そこに真人が現れる。自分を肯定してくれる真人に心酔していた吉野は都合の良いように利用されていただけで、呪いに変換されてしまう。虎杖は宿儺に助けを求めるも当然断られ、宿儺だけでなく真人にも高笑いされる。

心からの殺意で真人に殴りかかる虎杖。通常は効かないはずの打撃だが、宿儺というもう一つの存在を有する虎杖の攻撃は真人の魂にダメージを負わせることが出来た。急いで駆けつけた七海は加勢するとすぐに虎杖の打撃が真人に通用することに気付き共闘により確実に祓うと宣言する。

感想と考察

吉野と仲良くなった矢先に残酷な展開ですね。仲間になると思っていたのですが。真人と宿儺が二人で大笑いする場面はなかなかのアニメーションでした。11話であんなに楽しそうに話していた2人が戦っているのは見ていて切ないですが、言葉を交わしながら、最後には泣きながらの戦闘なのがあの短い時間でもちゃんと友達になってたのが伝わり泣いてしまいました。心の底からの殺気を持った虎杖、本当に恐ろしかった。暴走してもおかしくないレベルなのに冷静さを保っているのはさすがです!

第13話「また明日

息を合わせ隙を作り攻撃をたたみかける戦法の虎杖と七海に対し変形やストックした人間を使い交戦する真人。危険を察知した真人は領域に七海を閉じ込めることに成功、死を覚悟した七海だったが虎杖が外から侵入する。通常領域に入る時点でほとんど負けが確定なのだが虎杖の中にある触れてはいけない宿儺の魂によって真人は一瞬で重傷を負い、領域は破壊される。

虎杖はすかさず攻撃を仕掛けるが、重傷の真人は最後の呪力を振り絞り囮を使って逃走、追おうとするも虎杖、七海ともに重傷でもう少しの所で逃げ切られる。

事件後、正しい死に様が分からない。と弱音を漏らす虎杖だがそれと同時に、それがわかるまで、そして真人を殺すまで負けない。と決意を固める。

感想と考察

ついに1クール目が最終回を迎えました!虎杖、ななみん、真人の戦闘がとてもえぐくて盛り上がります。一番テンションが上がったのは宿儺が真人にキレるシーン。「言ったはずだと二度目はないと」宿儺かっこよすぎてしびれました。真人、なかなかしぶといくて厄介です。なんだか、もどかしく悲しい結末になってしまいましたが虎杖はしっかり前を向いていてこれからどんどん強くなっていくんでしょうね。そして呪術師という厳しい世界だからこそ、安らぐ時間も持っていて欲しい!早く伏黒、釘崎と合流してまた高校生らしいことして欲しいです。

第14話「京都姉妹校交流会-団体戦?-

適役から戦いの傷を癒やしているところから始まります。

宿儺の指をすべて集めるたびに動き出す。まずは高専にある6本の指を奪うことを進める。

五条はサプライズを計画し、みんなの前に登場する予定。

虎杖はみんなの前に「おっぱっぴー」と某芸人のギャグで登場しましたが、かなりしらけてしまう。

姉妹校の第1戦目が開始される。伏黒「呪術なしなら、虎杖が勝ちます」

京都校の目的は「虎杖悠仁を殺すこと」

感想と考察
待ちに待った2クール目が開始されました!オープニングテーマも変わりアニメにもかなり力が入れられています。五条悟、ななみんとの絡みは相変わらずおもしろいですね。釘崎の天然のところや虎杖を前にして少し泣いている場面かわいいです。

第15話「京都姉妹校交流会-団体戦①-

交流戦の第一戦が開始。開始早々に現れたのは東堂葵。

虎杖とのタイマンが始まるが東堂はかなりの化け物。

東堂はいつもどおり相手に好きな女のタイプを聞いて、虎杖はドンピシャで好みが合う。

なぜか、アイドルの高田ちゃんと2人の学生生活のシーンが流れる。

まるでずっと親友だったかのようなイメージ。

東京校のみんなは京都校の動きが不穏に感じて集まりだす。

感想と考察
まさかの虎杖がみんなに狙われているなんて驚きです。ただ東堂が虎杖を強くするために教育するシーンはテンションあがりましたね。強くなりたいと願っているときに言われたのが「弱いままでいいのか」。三輪さんの天然っぽいところが好きです。

 

オープニングテーマ

オープニングテーマのフルバージョン。

呪術廻戦のアニメとコラボした動画で再生回数がすごい勢いで伸びています!

U-NEXTには31日間の無料トライアル期間があります。
この無料期間を使うことで呪術廻戦を視聴できます。
登録したときにもらえる600ポイントで最新コミックやアニメ映画を視聴することも可能♪
過去作や他のアニメ作品のラインナップも豊富で長期に楽しむとができます。
\期間内に解約すれば月額料金は一切不要/
スポンサーリンク

呪術廻戦(アニメ)声優・キャスト

虎杖 悠仁/CV.榎木淳弥

常人離れした身体能力を持った活発で素直な男子高校生。

とあるきっかけで呪力を手に入れる。

呪いによる死は間違っていると考え、戦っている。

伏黒 恵/CV.内田雄馬

2級呪術師として都立呪術高専に入学してきた男子高校生。

杖と出会った時はとあるきっかけで虎杖を「呪い」として祓おうとしてしまう。

釘崎 野薔薇/CV.瀬戸麻沙美

3級呪術師の女子高生。

勝気な性格で、東京(都会)に強い憧れを抱いている。

逆にかなり田舎の地元に対しては嫌っている。

呪術廻戦の関連記事

スポンサーリンク