ボルダリングで期待できる効果とは?痩せるだけじゃない!!

最近はメディアやテレビ、いろんな方面から「ボルダリング」という言葉をよく聞くようになりました。

ダイエットもしたいし、始めてみようかなと思う人も増えてきたのではないでしょうか?

では、実際ボルダリングをすればどのくらいカロリーが消費され、

どのようなダイエット効果があるのでしょうか?

腹筋はつくのでしょうか?

筋肉がつきすぎるのはという女子もいるかもしれないですね。

また、せっかくボルダリングやるなら、痩せる以外のメリットなんてのもあったら、

さらにプラスですよね!

ボルダリングのメリット、痩せるだけではありません!その他の効果もご紹介します。

 


【ボルダリングは痩せるのではなく体型が変わる!?】


 

 

ボルダリングをしている人たちって痩せている人が多いですよね。

もしくは、自分の体型では壁を登る何て無理だと思っている人、いませんか?

ボルダリングをすれば痩せるのでしょうか?

そもそも痩せていないと、ボルダリングってできないのでしょうか?

 

 

⑴ボルダリングすると筋肉がつきすぎるの!?

 

お正月太りしてしまった後や、夏が来る前、このお腹どうにかしたいなあと思ったことありませんか?

男子は海に行く前に腹筋をつけたいですよね。

女子は肌の露出が増える前に二の腕を引き締まらせたいですよね。

焦って毎日腹筋を100回、腕立てを100回と必死に筋トレをしなくても、

ボルダリングがそのお悩みを解決します!ボルダリングで腹筋はつきます!

男子は「やったー!贅肉が減って筋肉がつく!」とお喜びでしょう。

女子の中には痩せたいけれど、ボディービルダーのようになることは目指してないなあと

思われている方もいらっしゃるかもしれません。

安心してください。ボルダリングをしている時は、自分の体重を持ち上げる程度の負荷です。

そして、ボディービルダーは自重の負荷以外に重たいウェイトを持ち上げたりしていますよね。

なので、普通にボルダリングをするだけでは、あのようなムキムキボディーにはなりません。

どちらかというと、引き締まったカッコいい体つきになります。

ちょっと二の腕がたるんできたなあという女子、お腹周りにお肉がついてきたなあという男子、

腹筋や腕立て伏せといったトレーニングではなく、ボルダリングを始めましょう!

ボルダリングはその無駄なお肉を取ってくれるメリットがありますよ!

 

⑵ボルダリングをすると、どこに筋肉がつきますか?

 

ボルダリングは一見、腕で行う運動のようですが、違います!

全身運動です。なので、極端な話、指にも筋肉がつきます。

ホールドからホールドへ移動する時、カチと言われる小さめのホールドを持つ時には、

腕などの力よりも、指先の力を使うことになるためです。

ボルダリングを登る時の基本的な話なのですが、まずは、指の力や握力でホールドをつかみます。

そして、肩周りの筋肉、腹筋、背筋など、上半身の筋肉で体を持ち上げます。

それと同時に、お尻の筋肉や太股の筋肉、ふくらはぎの筋肉など下半身の筋肉で上半身を支えます。

このように、ボルダリングとは、上半身だけでなく、体全体を使う運動なのです。

どれだけダイエットを試みて体重は落ちても、背中の特にウエストの贅肉が落ちにくいんですよね。

ボルダリングは背中の筋肉をよく使うので、そのどうしても取れなかったお肉が取れるのです!

その他にも、腕、脚、下半身、お腹に美しい筋肉がつきます。頑張れば、腹筋も割れてきます!

 

⑶しなやかな体つきに!女子は女性らしい体つきに!

 

ボルダリングをすると女性らしい美ボディーを手に入れることも可能です!

ボルダリングは脚に力を入れ、また大きく開脚したりもします。

そのため、ヒップアップ、ふくらはぎの筋トレ、下半身全体のシェープアップにつながるのです。

ボルダリングで得られるのは、ヒップアップだけではありません。バストアップもです!

無茶なダイエットをして、食事制限をし、女性ホルモンを作るタンパク質や脂肪が減り、

胸が小さくなることがあります。

また、極端な食事制限のダイエット方法では体の筋肉量も減り、

結果、胸を支える大胸筋も減ってしまうので、胸が小さくなったように感じることがあるのです。

でも、ボルダリングでは肩、肩甲骨、背中の筋肉を使います。

それらの筋肉を鍛えることは、胸を支える大胸筋の運動にもなり、

バストアップも期待できるというのです。

そして、腹筋も使うので、お腹周りもスッキリして、キレイな女性らしい体型になれちゃうんです!

ダイエットをしたいあなた!初心者からでも気軽に始められるボルダリング、してみませんか?

 

⑷単刀直入に!ボルダリングすると痩せますか?

 

結局、バランスの取れた体型をキープさせるためには、一時的ではなく、

運動は継続しないといけませんよね。

となった時に、一人で黙々と泳いでいられる人は運動による消費カロリーをご覧になって分かる通り、

クロールをひたすら泳げばいいんです。

でも、お友達や家族と一緒に運動をして楽しみながら痩せるという超効率のいいダイエットは

ボルダリングだと思います。

ボルダリングをしていると、基礎代謝が上がるので、普段の生活をしている時の消費カロリーも

ボルダリングを始める前に比べるとアップします。

そして、ボルダリングは、痩せる=体重が減るという方程式には当てはまりません。

ボルダリングをする→筋肉が体幹が鍛えられる→体が引き締まるが正しいでしょう。

そして、この流れこそが、健康的な体作りに欠かせないことなのです。

 

⑸ボルダリングをしていると、痩せたい!というメンタルになります

 

ボルダリングを何度かチャレンジして、はまってくると、

いくらかでも体が軽いほうが難しい課題もクリアしやすくなるということに気づいてきます。

そうすると、自然と食べる量を減らそうという気持ちも生まれてくるのです。

マインドから変えることができたら、ダイエット成功じゃないですか?

ダイエットがメインの目的で食べないでいると、食事のことばかり考えてしまいがちです。

しかし、これがボルダリング上達のためだ!と思うと、

壁のことや自分が登りたい課題のことを考えるので、

食べ物に脳を占拠されずに済むというメリットがあります。

あの課題、登れるかな〜?と思っているので、ボルダリングジムに行くのも楽しみになり、

登っているうちに自然とダイエットになっていくというサイクルが生まれることもあります。

 

⑹初心者で、簡単な課題しかしないから、痩せませんよね?

 

そんなことありません!初心者だからこその強みがあります!

初めてボルダリングをする時、ルールも何も分からない状態でトライするので、

簡単な課題から取り組みます。うまく行けば、その日のうちに4レベルくらいアップできます。

そうなると、人間、満足感と向上心が生まれ、また行きたい!と思うのです。

そうなったらチャンス!次回行く時、またレベルが上がるかもしれません。

レベルアップが難しかったとしても、同じレベルの課題がいくつかあるので、

1つ、2つとクリアしていくと、また行こう!となるのです。

これが継続となり、体が引き締まっていくのです。

ボルダリングで痩せるか痩せないかの一番のキーはボルダリングに興味を持つかどうか、

ということだと思います。

ただ体を動かすだけではない、ゲーム性のあるスポーツに興味を持てた時、

自然とまた壁を登ろうという気持ちが起き、また自分のレベルを維持したい、

向上したいという思いから、体重を増やしたくないという気持ちになるのです。

そして、無意識のうちにダイエットしていることになります。

 

⑺ぽっちゃり体型です。ボルダリングでダイエットできますか?

 

ぽっちゃりさんでも、ボルダリングを始めてみましょう!

初めてボルダリングジムに行って、改めて自分の体の重さに気付きます。

そこで目覚めましょう。

やはり、自分の体重を支える運動なので、すぐに壁にぶつかるかもしれません。

でも、ボルダリングの楽しさに気付けば、体重を落としたいという気持ちが強くなり、

水泳やランニングなどとミックスさせ、徐々に体重を落とし、

ボルダリングのレベルは上がることでしょう。

そして、さらにボルダリングにはまり、体も軽くなります。

ボルダリングだけでも、スリムな体に変化してゆく可能性は十分にあります!

 


【ボルダリングで体型が変わる以外のメリットは?】


 

 

ボルダリングで痩せたらもちろん嬉しいですが、

それ以外にもボルダリングのメリットってあるのでしょうか?

そうでないと、目標体重に達成したら、ボルダリングを続ける意味がなくなりますよね?

単なる運動とは異なるボルダリングは、体型の変化以外にもたくさんのメリットがあります!

 

⑴頭脳が鍛えられ、集中力がつきます!

 

初心者に勘違いされやすいのですが、

ボルダリングはただゴールに向かってまっしぐらに壁を登るスポーツではないんです!

そのような登り方では疲れるだけで、上達も難しいでしょう。

ボルダリングでは決まったホールドを手や足を使って登るので、

どのホールドに右手を置き、どのホールドに左手を置き、

その時に右足と左足はそれぞれどこに置くのかということを

シュミレーションして登らなくては効率よく登れません。

戦略的に行うゲームのようなので、頭脳を使います。

ホールドをつかむ手の位置や向きで、バランスがうまくとれたり、

次のムーブがしやすくなったりするので、かなり考え、問題解決のスキルが身に付きます。

そして、ゴールをしたいという思いがあるので、

集中している時には人の声も聞こえにくくなるほどです。

ボルダリングで筋肉以外に鍛えられるこのような力は学習や仕事にも活かされるはずです!

 

⑵気分転換やストレスの解消になります!

 

椅子に座って勉強を何時間もしたり、仕事のミーティングなどで心身ともに疲労困憊。

そんな時はボルダリングしてみましょう!

体を動かしたり、いつものメンバーとは違う仲間と会うことで気分転換になるでしょう。

まあ、5分立ち寄ってみよう。という気持ちでボルダリングジムに行き、

前回クリアできなかった課題が登れてしまった際には、

ストレスなんてすっかり忘れてしまい、爽快な気分で帰宅できるでしょう。

試験に失敗した、仕事でうまくいかなかった、などネガティブな気分な時も、

思い切ってボルダリングジムに行ってみてください。

スタッフやジムの仲間との何気ない会話で一瞬でもネガティブな思いが晴れるかもしれません。

ボルダリングで1つ1つコツコツと課題をクリアし、向上心が高まることが、

プライベートにもつながるかもしれません。

運動をして、体が疲れれば、良い睡眠も期待できます。

快眠であれば、次の日は頭がスッキリして、

また新たな気持ちで学校や仕事に向かうことができるでしょう。

 

⑶何より楽しいです!

 

なぜボルダリングが楽しくなるのか、脳科学的な方面から説明します。

「アドレナリン」や「エンドルフィン」という言葉を聞いたことありますよね?

人が楽しい、気持ちいい!と感じる脳の分泌物です。

アドレナリンは興奮したり、緊張したりすると分泌されます。

よく、「火事場の馬鹿力」という言葉で表現されますが、

火事が起きた時に普段は出ないようなパワーが出るということです。

ボルダリングでも、あと1歩でゴールという時、自分の想像を超えるパワーが出ます。

叫びながら最後のゴールを取るという人もボルダリングジムで見かけることがあります。

何度トライしてもできなかった所がクリアできると興奮しますよね。

また、アドレナリンが分泌されると、エンドルフィンという神経伝達物質がたくさん分泌されます。

このエンドルフィン、「楽しい」と人が思う時に分泌されるホルモンなのです。

脳内麻薬と言われるほどに大量の幸福感を与える物質でもあります。

だから、脳科学的な面から分析しても、ボルダリングは楽しいんです!

 

⑷ローコストで、習い事や会社の後の運動に最適です!

 

ボルダリングで必要な最低限の道具はシューズです。

2万円弱するシューズもありますが、1万円をきるのもあります。

男の子に人気のスポーツのサッカーだったら、

サッカーボール、サッカー用ボールバッグ、トレーニングウエア上下(練習用ユニフォーム)、

トレーニングシューズ、サッカーソックス、シンガード(すね当て)が必要になり、

コストもそれなりにします。

クライミングシューズは高い頻度で登っていれば、1年あまりで買い替えることになるでしょうが、

週2回くらいでしたら、2年くらいもつと思います。

習い事にするのでしたら、ユニフォームもなく動きやすい服装でいいですし、

ボールなどの道具も必要ありません。会社の後にジムに行く場合も、道具がないので、身軽です!

 

⑸1人でも楽しめます!

 

壁を登る時は1人です。

集中して登り方のシュミレーションをする時も1人でできます。

ちょっと人と接するのが疲れたなあという時、なんとなく自分と向き合いたい時、

ボルダリングだったら、1人の時間が持てるのです。

また、行くのは自分だけだけど、ジムの人たちと交わりたいという思いがあれば、

それだって可能です。

ボルダリングは他の人と壁を共有するので、1人で壁を独占し登り続けるということはマナー違反です。

なので、壁から離れている時、近くにいる人とお話できるチャンスなのです。

自分より上手いな〜と思う人が側にいたら、

今自分が挑戦している壁のことを聞いてみてもいいでしょう。

ジムに何度か通ってるうちに、

よく見かける人には、「週に何回くらいジムに来てますか?」

「いつからクライミングしていますか?」

なんて問いかけて会話をスタートするのもいいかもしれません。

同じスポーツをしているので、共通の話題ならいくらでも作り出せるはずです!

 

⑹グループでも楽しめます

 

1人でも楽しめるボルダリングですが、家族やカップル、仲の良いグループでもできます。

女子会でレストランに行く前にボルダリングジムに寄るなんてのもいいですね!

一般的に複数人でスポーツをする時にレベルに差があると、試合の運びが良くなかったり、

それぞれが何かしら不満を持ってしまいがちです。

特に子供だと、下手な子とはやりたくない!と言い切ってしまったりしますよね。

自分と同等または少しの差程度の人と一緒にプレーをしたり、

勝負をしたりしたいというのが人間の本心だと思います。

しかし、ボルダリングの場合は、初心者か上級者かといったレベル、子供か大人かといった年齢、

男子か女子かといった性別などの違いを問わずに、誰とでも楽しめるのです。

まず、ボルダリングジムの作りなのですが、1つの壁に様々なグレードの課題がちりばめられています。

ですので、同じ場所で待機し、初心者の人はグレードの低い課題を、

上級者の人はグレードの高い課題を取り組むことができます。

せっかく一緒に来ているのに、違う課題をするのではと思うかもしれませんが、

教え合うことができます。

経験者でも、あれ?ここら辺に足を置くホールドがあったはずなのに、

とつま先でちょんちょんと壁を蹴るようなことがあるかもしれません。

そのような時には初心者の方でも、「もう少し右です!」というようにアドバイスすることができます。

家族でボルダリングジムに行くのなら、子供でもできるアドバイスですよね!

また、カップルでお互いに初めてボルダリングに挑戦したとしても、

普通の場合ですと、同じ初心者向けのグレードからスタートして、

少しずつレベルをあげて登って行くうちに、

そんなにレベルに差が出る前にどんなに力がある男子でも腕がパンパンになって、

休憩しようかというようになります。

 

⑺雨でも平気!

 

ボルダリングジムは室内です。

花粉の飛んでる春、外に一歩出ただけで汗が垂れてくるような夏、

風の強い秋、雨や雪が降っている冬の時期など、春夏秋冬季節を問わずにボルダリングができます。

夏は冷房が、冬は暖房が効いていますのね、一年中快適です!

雨が降っていて、室内でゲームばかりしてるなんていうお子さんのことを

ボルダリングジムに連れて行ってあげてください。

テレビゲームとはひと味違ったゲームを運動しながら経験することができます。

 


【まとめ】


 

 

ボルダリングは単なる運動ではなく、ゲーム感覚で楽しく遊べるスポーツです。

そのゲームにはまれば、上手くなりたいという気持ちから、

ボルダリングジムに行くことが習慣化され、体が引き締まります。

また、体型の変化以外にも、ボルダリングをすることで、問題解決のスキルがついたり、

ストレス解消になったりとたくさんのメリットもあります。

ぜひ、それらの効果を確かめにボルダリングジムに行ってみてください。