ボルダリングにダイエット効果はあるのか?消費カロリーなどご紹介!

ボルダリングにダイエット効果はあるのか?消費カロリーなどご紹介!

 

少しずつですが、女性やフィットネス感覚でボルダリングを始める方が増えてきました。

実際にやってみると、普段使わない筋肉を使って登るので、最初はかなり筋肉痛になります。

そして、かなり負荷が高いと感じ、「ボルダリングは痩せる」と思う方も多いのではないでしょうか。

 

では、ダイエット効果が本当にあるのかどうか、

消費カロリーなどを参考にしながら検証していきましょう。

 


ボルダリングにダイエット効果はあるのか?①

【時間に対しての消費カロリーはトップレベル!?】


 

 

実際に消費カロリーを計算してみました。

 

40kgの人がボルダリングを60分した時の消費カロリーは「420キロカロリー」

50kgの人がボルダリングを60分した時の消費カロリーは「525キロカロリー」

60kgの人がボルダリングを60分した時の消費カロリーは「630キロカロリー」

70kgの人がボルダリングを60分した時の消費カロリーは「735キロカロリー」

 

では、他のスポーツと比べてみましょう。

まずはダイエットの定番、ジョギングの消費カロリーはというと、

 

40kgの人がジョギングを60分した時の消費カロリーは「294キロカロリー」

50kgの人がジョギングを60分した時の消費カロリーは「367.5キロカロリー」

60kgの人がジョギングを60分した時の消費カロリーは「441キロカロリー」

70kgの人がジョギングを60分した時の消費カロリーは「514.5キロカロリー」

 

次に、スイミングでの消費カロリーは、

 

40kgの人がスイミングを60分した時の消費カロリーは「336キロカロリー」

50kgの人がスイミングを60分した時の消費カロリーは「420キロカロリー」

60kgの人がスイミングを60分した時の消費カロリーは「504キロカロリー」

70kgの人がスイミングを60分した時の消費カロリーは「588キロカロリー」

 

「歩く」という行動の消費カロリーは、

 

40kgの人が60分歩いた時の消費カロリーは「168キロカロリー」

50kgの人が60分歩いた時の消費カロリーは「210キロカロリー」

60kgの人が60分歩いた時の消費カロリーは「252キロカロリー」

70kgの人が60分歩いた時の消費カロリーは「294キロカロリー」

 

となります。

数字だけ見てみると、圧倒的にボルダリングは群を抜いて消費カロリーが高いと言えます。

しかし、ボルダリングは60分常に登っていられないスポーツです。

例にあげた、他のスポーツは60分続けることが可能ですが、

ボルダリングにおいては不可能と言えるでしょう。

 

60分の間に登って、休んでを繰り返しているので、実際に登っているの60分のうち、

10-15分くらいではないでしょうか。

 

ではボルダリングを20分やった場合の消費カロリーはというと、

 

40kgの人がボルダリングを20分した時の消費カロリーは「140キロカロリー」

50kgの人がボルダリングを20分した時の消費カロリーは「175キロカロリー」

60kgの人がボルダリングを20分した時の消費カロリーは「210キロカロリー」

70kgの人がボルダリングを20分した時の消費カロリーは「245キロカロリー」

 

とウォーキングよりも少ない消費カロリーとなってしまいました。

1時間登り続ければ、消費カロリーはかなり高いと言えますが、

不可能なのでカロリー効率的には他のスポーツの方が高いと言えるでしょう。

ダイエットとしてみるのであれば、体重を減らしたいのであればボルダリングは

あまり効果的ではないと言えます。

 


ボルダリングにダイエット効果はあるのか?②

【ボルダリングはダイエットのきっかけに効果あり!?】


 

 

では、ボルダリングはダイエットの効果は全くないかと言われるとはっきり無いとは言えません。

実際にボルダリングを通して、ダイエットに成功した人を何人も知っているからです。

 

なぜダイエットが成功したのでしょうか。

それは目的がダイエットから変わったからだと思います。

最初はもしかしたら

「ダイエットをしよう」→「体が引き締まりそうだからボルダリングをしてみよう」

→「筋肉痛がすごい」→「このまま続ければ痩せそう」

の流れだったかもしれません。

 

しかしボルダリングを続けていくうちに、

「ボルダリングは楽しいし、運動できているから良い」→「できない課題が出てきた」

→「体が重く感じる」→「痩せなくてはいけないな」→「食事制限してみようかな」→「課題ができた」

→「ジョギングも始めたら、下半身も鍛えられるしダイエットにもなるし一石二鳥かも」

と、好循環な効果があると思っています。

 

ダイエットだけがモチベーションだと、体重がなかなか減らなかったり、

体型がいまいち変わらないとストレスですよね。

ボルダリングはストレスを発散して楽しみながらできる運動なので、

長続きさえすればダイエットに効果的と言えるのでは無いでしょうか。

 

ボルダリングを始めると、ダイエットをしようという意識の向上に繋がると言えます。

 


ボルダリングにダイエット効果はあるのか?③

【ボルダリングは体重が減るのではなく、引き締まる!?】


 

 

運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」があります。

有酸素運動は、軽度または中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。

運動中に筋を収縮させるためのエネルギー「アデノシン三リン酸(ATP)」を、

体内の糖や脂肪が酸素とともに作り出すことから、有酸素運動と呼ばれます。

 

代表的な運動としては水泳、ジョギング・ウォーキング、サイクリングなどです。

 

無酸素運動とは、短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動のことを指します。

筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出すことから無酸素運動と呼ばれています。

エネルギーの発生に酸素を必要とせず、糖をエネルギー源として利用します。

全力もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮しやすいのが特徴です。

 

代表的な運動としては、筋トレ・短距離走などの短時間かつ瞬発的な動きをするスポーツです。

ボルダリングも無酸素運動に含まれます。

 

有酸素運動は「体脂肪を燃やす」効果があり、無酸素運動は「基礎代謝量を増やす」効果があります。

そして、有酸素運動・無酸素運動どちらもダイエットには必要なのです。

 

有酸素運動の効果である「体脂肪を燃やす」ことが

ダイエットにも関係あるのはなんとなくわかりますよね。

ではボルダリングも含まれる無酸素運動の効果、「基礎代謝量を増やす」とはどういうことでしょう。

 

まず「基礎代謝量」とは。

身体的、精神的に安静な状態で代謝される最小のエネルギー代謝量のことであり、

生きていくために必要な最小のエネルギー代謝量です。

これは当然寝ているだけでも消費します。

人種、性別、年齢、体格、生活状況、体表面積、平均体温などによって異なり、

食事や運動などの日常行動によっても異なってきます。

 

筋肉をつけることで、血液の流れ、酸素の供給などを向上させエネルギー消費を多くさせ、

基礎代謝量を増加させます。

寝ている時も脂肪を燃やしてくれるので、太りにくい体質になるのです。

 

ボルダリングは体重を減らす効果があるのではなく、

たるんだ体を引き締める効果があるということです。

体重が減って痩せるというよりは、痩せやすい体を作ることができます。

 

結果的にボルダリングはダイエットに効果があると言えるでしょう。

 


まとめ


 

 

 

結論から言いますと、ボルダリングはダイエットの効果はあると言えるでしょう。

ただし、目的によってはおすすめはできません。

単純に体重を減らしたいということであれば、ジョギングや水泳など「有酸素運動」と言える運動で、

体脂肪を燃焼させ、痩せるのでボルダリングはオススメしません。。

 

ボルダリングはダイエット目的ではなく、楽しむことができるのできつい運動、きついダイエットと

感じることなく無酸素運動を行うことができます。

全身を使った運動で筋肉がつき、筋肉がつくことで余分な脂肪がなくなり体が引き締まり、

継続して運動することで、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなり、結果的に痩せて、

体重も減らすことができるかもしれません。

 

ボルダリングなどの無酸素運動と、ジョギングなどの有酸素運動をバランスよく行い、

しっかりと食事をとって健康的な体づくりを行えば自然と理想の体重、体型になるでしょう。