【初心者必見!】ボルダリングにおすすめの服装・格好とは?

 

今、流行のボルダリング!

できればボルダリングをする時のファッションもオシャレに決めたい!と思いませんか?

ボルダリングはファッション的にも何かを揃えないといけないというわけではありません。

誰でも気軽に始められるスポーツで、基本的には動きやすい格好であれば問題ありません。

しかし、気をつけるポイントが女子にも、男子も、そしてキッズにもいくつかありますので、

ご紹介します!

 


①動きやすければ何を着てもOK?


 


基本はそうです。

しかし、ボルダリングではチョークといわれる白い粉を滑り止めとして使うので、

それが服について登り終えて帰る頃には、白くなっていることがあります。

ですので、汚れてもよいファッションをおすすめします。

また、ボルダリングではホールドと呼ばれる壁についた突起物を使って登っていきますが、

そのホールドに服が引っかかってしまうことがあります。

しっかりとした生地で裾部分が広がっていないウェアがいいです。

だからと言って、重い生地のファッションにしてしまうと、登る時に手があげにくい、脚が広げにくい

などの支障が出てきますので、軽くて丈夫な素材のスタイルにしましょう。

 


②初心者にはどんなウェアがいいの?-トップス編-


 

 

トップスに関しては、ストレッチ素材で汗の吸収性が良く、速乾性の高いがウェアがおすすめです。

室内のボルダリング施設では冷暖房が効いているところが多いため、

Tシャツで登っている人がほとんどです。

寒がりの人は長袖のTシャツを着たり、パーカーや動きやすいジャケットを着てもいいでしょう。

ただし、サイズの大きいTシャツなどを着ているとホールド(ボルダリングする際につかむ石)

ひっかかるので、程よいサイズ感のものを選びましょう。

初心者の方がボルダリングに挑戦する時、ムーブが上手くできず、ホールドに腕をぶつけて擦ってしまうことがあります。

青あざや傷を気にする場合は、長袖を選ぶのが得策です。

また、ボルダリングでは身軽なのが一番!

スウェットやジャージは身動きは取りやすいものの、重く感じてしまう人もいるようなので、

スポーツジムで見るようなファッションがベストでしょう。

 


③初心者にはどんなウェアがいいの?-パンツ編-


 

 

ファッション性と機能性の高いクライミングパンツは多々あるものの、

パンツも基本的には動きやすいものであれば、何でもいいんです。

高校の時に使っていたジャージでも問題ありません。

トップスの時と同様、膝をぶつけたり、擦ったりしてしまう可能性があります。

短パンなどよりは、足首までくる長いウェアがおすすめです。

ただし、裾の部分がダボダボとしていると、足を乗せる時にホールドが見えにくかったり、

ホールドに裾が引っかかったりして、最悪の場合、怪我をしてしまうかもしれません。

ベストは膝がちょうど隠れる程度の長さのパンツやストレッチ素材のレギンス、

スポーツタイツ、ハーフパンツ、程よいサイズの長ズボンというところでしょう。

最近流行のジョガーパンツもおすすめです!

ジョガーパンツはストレッチも効いていますし、程よくゆとりもあります。

また、足首も締まっているいるので、ホールドに引っかかることもありません。

ホールドに膝をぶつけたり、無理な動きをした時にパンツを破ってしまうこともあるので、

しっかりした生地のウェアがおすすめします。

薄い生地のパンツやかなり使いふるしていて、今にも破れてしまいそうなファッションで

ボルダリングに行ったら、ストレッチした瞬間に破れてしまって、

「どうしよう…」となってしまうケースもあります。

 


④初心者男子におすすめのウェアは?


 

 

パンツに関しては、伸縮性の高いチノパンやジーパンでボルダリングをしている人もいますが、

初心者男子には、Tシャツとスポーツウェアの組み合わせをおすすめします。

まずはやってみないことには、自分に合うスポーツなのかも分かりませんので、

あまりお金をかけずに家にあるウェアやリーズナブルにユニクロなどで揃え始めてはいかがでしょうか?

ユニクロではスタイリッシュで生地も丈夫なウェアも手に入れられます!

しかし、スポーツは格好から!という男子もいますよね。

そのような男子には、スポーツメーカーやアウトドアブランドのパンツスタイルといった

アウトドア系のファッションをおすすめします。

運動するのに適した素材でできているので間違いが少ないからです。

クライミングブランドのOrganicやMoon、Soillなどが販売しているチノパンやジーンズであれば、

値は張りますが、機能性も高いので、ファッションにもこだわりたい初心者男子にはおすすめです。

続いて、Tシャツに関しては基本自分が普段着ているTシャツで大丈夫です。

気をつけてほしいところが素材もですが、盲点になりやすいのは色です。

思っている以上に汗をかくスポーツです。

特に汗をよくかく男子は脇汗、背中汗が目立たない色のTシャツやパンツを選ぶようにしましょう。

 


⑤初心者女子におすすめのウェアは?


 

 

ボルダリングでは目線より高い位置に登るので、お腹や背中、下着が見えてしまうことがあります。

Tシャツなどをインして着ない場合は、丈の長いウェアを選びましょう。

ゆったりとしたTシャツを着る場合は、

ぴったりフィットなタンクトップやスポーツインナーを着るのがおすすめです。

スポーツインナーはスポーツ用品店で見つけることができます。

スポーツインナーは汗の吸収性も優れていて、速乾性もあります。

また、伸縮性があるので、体を動かしやすいです。

そして、肌をきれいに隠してくれるので女子におすすめです。

リーズナブルにそろえたい場合は、ユニクロでも購入可能です。

首回りがゆったりしているシャツの肩周りから、

かわいいインナーやタンクトップがちらりと見えるのはオシャレ度高めスタイルです!

夏場など、室内のボルダリング施設では冷房が効いているので、

寒がり女子は上着を持って行くことをおすすめします。

上着もストレッチ素材の物にして、暑くなったら脱ぐようにしたらいいですね。

パンツに関しては、ゆとりのあるパンツやホットパンツの様な太ももが見えるような短パンは、

お尻などが見えてしまうので、特に女子にはNGです。

初心者の方によく見かけますが、

くるぶしのところでキュッと閉める紐がついているタイプのロングパンツもおすすめできません。

裾自体は広がっていないため、ホールドに引っかかることはないのですが、紐が引っかかり、

大ケガに至ってしまう可能性があります。

また、あまり汗をかかないイメージを持つ人もいるようですが、たっぷり登れば汗もかきます。

速乾性の高いウェアを着たり、汗が目立たない色の服を着たりすると良いでしょう。

おしゃれ重視派の女子や、ファッションセンスの高い女子は、

よくトップスに派手目な色のTシャツを着て、

ボトムスは黒、紺、グレーといったベーシックな色のパンツを履いているのをよく見かけます。

おしゃれをしたり、自分の気に入った服(チョークで汚れてもいい)を着て

ボルダリングをすると、やる気がアップ!

もしかしたら、ちょっと難しい課題も登れてしまうかもしれません!!

 


⑥キッズにおすすめのウェアは?


 

 

2020年の東京五輪からボルダリングもスポーツクライミングの1つとして新種目となり、

ぜひお子さんにもボルダリングをさせたいと思っていらっしゃる親御さんもいらっしゃるでしょう。

では、そんなお子さんにどんなファッションでボルダリングジムに行かせればいいの?

と考えていることでしょう。

そこで、ボルダリング初心者のお子さんにおすすめするスタイルをご紹介します。

子供も大人と同様に動きやすいファッションということが基本です。

そもそも子供の普段着はストレッチが効いているものも多いですが、

脚や腕を曲げる時に窮屈さを感じないかなど確認してあげましょう。

また、お子様の場合、チョークでかなり汚れますので、

お子さんが気に入っている服は避けた方がいいと思います。

また、汗をかきますので、着替えも用意してあげてください。

この時、下着の着替えも忘れないようにしてください。

汗を吸収した下着を着ていて、臭いがしたり、風邪を引いてしまってはかわいそうですよね。

 


⑦まとめ


 

 

誰でも気軽に一人でもお友達とでも楽しめるボルダリングはファッションにも

特にこだわる必要はありません。

Tシャツに程よいフィット感のあるボトムスをバッグに入れて、

ぜひふらりとボルダリングジムに来てみてください。